中学生我が娘ながら「ばびぶべぼ」から息子の「はらひれほれ」

スポンサーサイト

  •  投稿日:2015.05.19
  •  カテゴリ:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

 カテゴリ
-

ほぼ、1年ぶり。息子もどうにか大学生になりました

昨年の7月頃に思い出したように、一度書いたきりそのまんまでした。

大学受験生だった息子も、大学生になりました。娘は大学3年生。これからの2年間が一番我が家の家計の苦しいところです。
なにしろ、二人とも理系の私立なのでしんどいのは確かです。

息子の大学受験は、どうなることやらと思いました。勉強しないので、勉強しないなら大学行かないで働いてもいいんじゃん・・・
いやいや、お金はかかるけど社会人になる前の、ある意味自由で自分を律しないといけない4年間を過ごした方が良い、車のハンドルでいえば「遊び」の部分。

自分は高卒で、まじめに仕事を始めて過ごしてきたせいか子供には、ムダにするか有意義なものにするかは自分次第だけど4年間は体験してほしいと思っていたので、母である自分の頭の中がぐるぐるしました。

結局は第一志望には合格できなかったんだけど、とりあえず大学生になれてます。

息子の性格は、かなりのんびりしているのでこれからたぶん苦労するだろうな。
やらないうちから、あきらめる感もあるし。それはもったいないことなんだよって話はしたけど。

入学してから1か月。アパート暮らしなので、何食べてんの?と聞きつつ、ごはん+納豆+キャベツそのまんま、どうせ胃の中に入れば同じだって思って別々に食べてんじゃないでしょうね?というと

え!なんでわかんの?でも、そればっかりじゃないよ、この頃は野菜炒めとかして食べてるよ

・・・はい。わかりました。

まあ、どうにか食べているなら大丈夫かな。やっぱり、栄養面が心配ですね。娘は結構自炊はできてそうなのでそんなに心配はないですが、とにかく自炊って大変だってことが良くわかるでしょう。

いいことだ。




 
 カテゴリ

ふと、思い出したように1年ぶり。

JUGEMテーマ:高校生

突如、このブログを思い出し今書いています。

前回の記事の時には大学受験生だった娘も今は大学2年生になって、息子も高3大学受験生です。
世の中の話では男は違うよ、女の子と違ってやるときゃやるからという話も聞いたことがあったんだけどうちのおぼっちゃまくんは、相変わらずマイペースのまま。

娘と同じ高校に通っているのですが、ほとんどの生徒は大学、専門学校に進学する学校だし本人も大学進学を考えています。
理系、文系を選ぶ時に進路が決まっていない子もいて進路に悩み、理系か文系かと深く悩む子もいるみたいだけど息子の場合は理系の方が得意で文系があじゃぱーなので、理系しかなく、マイペースでありながらもよくよく話を聞くと、ある資格を取って給料をキチンともらえる仕事に就くなどと考えていたようで進路選択には悩みはしなかった模様。

進路選択もそれこそ実力があれば、文系から理系に、理系から文系に変換とか切り替えしもできるだろうし、学校の成績が良ければ、指定校推薦とかでするっと合格しちゃったりもできたりするんだけど

それはほら、こつこつ学校の成績をしっかりとれている場合であって・・・ともかく、大学の4年間は必要だと思っている両親なので後悔しないようにこの夏休みを過ごしてほしいもんだ。

しかし

来週連休明けから、夏休みでも学校で課外があるのにもらってこなくてはならない課外のプリント集をもらい損ねてきているのは、なぜなんだい。

取りにいってきたら?
めんどくさっ

めんどくさいとは何事ぞ。

もっと勉学に積極的な様子を見せてほしいもんです。
 カテゴリ

高校の役員もやっと終了。

  •  投稿日:2013.03.09
  •  カテゴリ:PTA役員
JUGEMテーマ:高校生

4月になると高2になる息子と、もうひと踏ん張りの大学受験生(娘)がいます。
かなり久しぶりの投稿になりますね。

高専に落ちた息子は、姉と同じ県立高校を受け無事に合格。家から自転車で5分ほどの場所にあるので、小中学校の時と違い毎日ゆったりとした通学になりました。

姉の方は、大学受験生。
平均点がぐっと下がった今までの中でも難しかったのではないかと言われているセンター試験内容で、自己採点でも「ダメだった」とホロリ泣き。

第一志望の国立のランクを下げ、第二希望の県立の結果もはらひれほれ。全体的にみんなランクを下げてきているので、アップアップの状態で受けたので仕方ない。精神的ダメージも多少ありながらも、めげてはいられない。

とりあえず希望の学科のある私立は合格しているので行く大学はある。
後は来週の後期を受けて結果待ち。いづれにしても春から大学生、いいよなぁ若いって。

さて、弟の方はというと相変わらずマイペースで

あんたこのままで大学進学できるわけ?
甘くないんだよ!勉強しろ!
学校の勉強頑張って学校推薦もらっていったほうが楽でいいんでない?

などなど、これは私の言葉ではなく、娘の発言。私の代わりに弟にはっぱをかけてくれます。どんなに言っても、マイペースなので自分で気づかないとダメですね。

さて、私といえば息子の高校入学の時に役員の早速、ご指名がありました。中学からすでに役員をやっている人の名簿が届いているらしく、やりたくないけど娘の時にはやらずにくぐりぬけてきたのであきらめて、グダグダ言わず引き受けました。

やりたくないのに引き受ける

これは良いのか悪いのかわからないけど、1年の役員だし断る特別な理由が私にはなかったので受けました。仕事も持っているし、同居はしていないけど義理母の少しの世話や施設に入っている義父の少しの世話もあるけどなんとかなるだろーって。

今年の役員は広報委員でした。委員長は知り合いだったのですが、悪い予感はあたり副委員長を頼まれました。このあたりはほんとがっかりでした。

副委員長を決める日には知っていたのか主席率が悪く、副委員長をやった方が良い学年の保護者はみんな欠席。他のみんなもいろいろできない理由をあげるし。

来年は絶対やらないぞ

と言葉には出さなかったけど、心に決めて副委員長を受けました。いままで小学校の広報委員はやったことありますが、」高校になるとあんなに出来上がってきた原稿に添削を入れるとは思いもよらなかったです。

出版会社じゃないんだからとあきれる場面も多くて、ますます

来年は絶対やんないから!


と思いながら委員会に出ていました。これは委員長の資質の問題だったんだけどね。

来年の役員決めには断固としてうけませんでした
先生にも委員長にも懇願されたし、息子経由でも言われたり、電話がかかってきたりしたけど来年は役員を受けませんでした。

頑張った。

ここまで頑張って役員決めを突っぱねたのは初めてだわ。
 
 カテゴリ
無料ブログ作成サービス JUGEM
Copyright © 中学生我が娘ながら「ばびぶべぼ」から息子の「はらひれほれ」 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

アメリカドラマ