中学生のたばこ | 中学生我が娘ながら「ばびぶべぼ」から息子の「はらひれほれ」

記事一覧

スポンサーサイト

  •  投稿日:2015.05.19
  •  カテゴリ:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

 カテゴリ
-

中学生のたばこ

中学生の事件がありました。また?みたいな感じです。

今月最初に新聞でみかけたのは、母親が息子のたばこ購入の為に
息子に、タスポを買って預けて書類送検。

今日報道されていたのは、中学2年の男子が女子を
学校で縛り付けて3000円を奪い取る。あらあらあら・・・。

たばこ・・・はやっぱり親が吸っていたら身近な人が吸って
いるわけだから、親はかなり横柄に強く子どもに強く出ないと
たばこを禁じることは出来ないかもね。

「お父さんだって吸っているだろ!」
「大人はいいんだ!世の中には理不尽な事が多いんだから!」

・・・・なんてどうでしょう。ダメですかね?

外で吸われたら困るってことで
家の中でなら良いなんていうおうちも、あるでしょうね。
実を言うと、私の弟もそうでした。家ではこっそり吸っていた
もんね。親は知らないふりしてたかな。
お父さんはヘビースモーカーだったし、家で少しだけなら感じ
だったのではないかなと、思い出します。

私自身は、だばこの害を知る前から煙が大嫌いだったので
お父さんに「あっち行って!、からだに悪いのに!周りの人の
迷惑だ!」なんて、毛嫌いしてましたね。

たばこの話で言えば、親になって思い起こしてみると
私の両親は弟に対して甘すぎでしたね。

だから、エスカレートして高校生のころは一段とやんちゃに
やってました(苦笑

しっかり抑えるとこ抑えないと、後で困るのは自分。
この自分=おや=保護者です。

子どもに対しての親の態度はほんと、難しい。母親ひとりでも
対応しきれないし、父親だけでも大変。

こうして書いているのは、自分にいい聞かせているみたい。

JUGEMテーマ:中学生の子育て


 カテゴリ
無料ブログ作成サービス JUGEM
Copyright © 中学生のたばこ | 中学生我が娘ながら「ばびぶべぼ」から息子の「はらひれほれ」 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

アメリカドラマ