県立高校二期選抜試験 | 中学生我が娘ながら「ばびぶべぼ」から息子の「はらひれほれ」

スポンサーサイト

  •  投稿日:2015.05.19
  •  カテゴリ:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

 カテゴリ
-

平成24年度の福島県立高等学校二期志願者倍率

JUGEMテーマ:高校受験



県立高校の一期試験も終りました。今年は定員割れをしている学校がほとんどだったので定員オーバーしていない限り、浜通りの双相地区では合格することができたようです。
 
先日二期志願の倍率が出ましたが、こちらの地区は定員割れがほとんどです。だからといって安心しないで試験を受けないとね。合格のラインはありますからね。



福島県公立高校受験合格

福島県公立高校二期で合格しました。

試験が始まる二月から今日の発表の日まで長かった。
・・・・ような気がする。

どうもラストスパートがかけきれない様子があった娘でした。
試験後もなんか微妙〜♪なんて言っていたので、わーこりゃだめかいな、どうしよう・・・
なんて、自分だけビビって、発表の日までの一週間を過ごしていました。

旦那は何の根拠もなく、「受かるから!」といつも言ってました。
あの強い自信はどこから来るのだろう。

娘の受けた高校は2期で定員オーバー、18人が落ちる状況でした。
その日の試験の結果を一番重視する高校と言われていたので、とにかくその日に
点数が取れれば、合格の確率が高い高校ならしい。

同じ高校の1期では、うちの子は落ちたのですが、はあ?なんで?なんでうちの子とんないの?
こんなに頑張る子供なのに!みたいな気持ちになってました。
だから、合格して見返してやれればいいなって思ってました。(誰を?
娘も同じ気持ちだったようです。

親ばかってことで(笑)流してください。

滑り止めの私立高校がしっかりした高校なら、滑り止めに受けるのに。
私立でお金がかかるけど、しっかりした高校なら近くの私立であれば滑り止めとして
みんな受けるようになるのになぁ。

しっかりした高校に・・・というのはある程度のレベルの学校になってくれればと言う事。
よっぽどこの頃は校風も変わってきたし滑り止めに受ける人も少なからず増えてきた。
それよりも、多分私立を滑り止めに受けておく習慣がこの地域にはないのだ。

私はこの土地生まれではないので、私立を受けて置くことに抵抗はなかったんだけど
娘に滑り止めの話をしても、受けなくていいというし、地元生まれの旦那もなんで受けなくちゃ
なんないんだ?って言うくらいなので地域性の問題かな。

ともあれ、合格して良かった。制服はセーラー服、母の私はセーラー服を着た事がないので
少うらやましい♪

とにかく、素直にうれしい。良かった。








JUGEMテーマ:中学生の子育て
 

福島県公立高校二期選抜がもうすぐ!

福島県相双地区で公立高校の二期選抜を受験する子供たちを持つ
親たちは、子供よりもドキドキしてるのかな
それとも、こんなもんでしょうって思っているのかな

私は、公立1本しか受けないこの地域独特な気質?が
すごいっていうかいい意味で言えば、ドンと構えて素晴らしいと思うけど
このままで良いのか相双地区って、感じています。

まあ、今から受験するうちの子は一期選抜を受験して残念な結果に終わり
二期で入るしかない。それも定員オーバーな状態だから誰かは必ず落ちる。
とにかく、自分の力を思い存分発揮して後悔しないような答案を書いてくれれば
それで良し。それで落ちたら・・・・、ランクしたの高校に三期で入りたくなければ
中学浪人です。

おー中学浪人だって・・・・。そうなったら、これもすごい経験だ。

この相双地区は、言っちゃ悪いけどまともな私立高校が無い。せめてこの私立が
せめて普通なランクの私立高校ならみんな、滑り止めで受けるだろうけどそうじゃない高校。
また、私立を受けるそういった風潮が全くないので、ほとんどが公立1本の受験体制。

それが普通。

じゃ、落ちたらどうするのっていったら定員に空きがある高校に三期を受けて入る。
高校生になりたければ。旦那も旦那の兄弟もそういった中で生まれ育ち、義理姉もそうだし、
姪っ子たちもみんな、みんな、みーんな、公立1本で受験。

それが当たり前。

いやーどうなることやら。それでいて、中3になってからの毎月の実力テストでは
この狭い相双の中で自分がどの位にいるかわかる順位さえもわからない、わかるのは
自分の中学内での順位だけ。

どういうこと?自分の力は塾で受けたテストで計れというものなのか?塾依存?
まあ、私がどんなに騒いだところでどうにもならないだろうから今は黙っている。

PTA役員をまた来年やることだし、少しずつ学校側に聞いて行くつもり。
せめてこの相双内の実力開示は必要ではないかしらん。

娘の受験にあたってうちの中学のぬるさが良くわかった。これは小学校からの
体制が続いてのことにるし、なかなか大変な問題。





JUGEMテーマ:中学生の子育て
 
無料ブログ作成サービス JUGEM
Copyright © 県立高校二期選抜試験 | 中学生我が娘ながら「ばびぶべぼ」から息子の「はらひれほれ」 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

アメリカドラマ