2009の夏休み | 中学生我が娘ながら「ばびぶべぼ」から息子の「はらひれほれ」

スポンサーサイト

  •  投稿日:2015.05.19
  •  カテゴリ:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

 カテゴリ
-

レンタルDVDでまったり

中学3年の娘が、Greeeenのアルバムを買って、PVを観てた時(去年だったっけ)
その中で映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッジ」の映像が少し入ってた。

※ほんとは「ジ」じゃなくて「チ」に点々ね。

超人的な女子高生が怪物と戦う。そのこの側には、どんな役かわからないけど市原隼人。
わー面白そうって思ったから、いつか観たいって思っていてようやくこの夏借りてこれた。
 
娘は、観たいって言ってた「ハチミツとクローバー」
息子は「容疑者Xの献身」 
   
※父は、単身赴任で平日は居ないので、何もなし!ごめんねー。

「容疑者Xの献身」は、暗い
「ハチクロ」は、個人的にドラマの印象が強くて比べて観てしまった。
まー嵐の櫻井くんが出てるってことで選んだんだよね、娘が。

「ネガティブハッピー・・・・」は、なんだろ、良かったなぁ。

青春の真っただ中の高校生の中途半端な時期に
自分の大切な人がこの世の中から突然死んで居なくなってしまって、
目の前が見えなくなって、誰も身近に居なくて、あがいてもがいている
超人的な女子高生と市原隼人。あー市原隼人っていっちゃ変だよね。

重い題材なんだけど、あり得ない生活環境の設定で重く感じないの。
空から、シェーンソーを持った怪物が飛び降りてくるんだもん。

なんの根拠もないのに、こいつを倒さなきゃと思った瞬間身体能力がUP。
超人的な運動能力を持つようになった、家族3人を交通事故で亡くした女子高生。

でも、この怪物はきっと女子高生の悲しみが作り上げたもの。彼女が悲しむほど
怪物は強くなるの。

市原隼人の何もできないであたふたしている姿、ポットに御茶を入れて
戦いの後に、そっと差し出す姿。

滑稽だけど、苦しい悲しみの中で二人は戦う。そんな姿に、泣けた母でした。




JUGEMテーマ:気になる★映画&DVD
 
 カテゴリ

中学生の夏休みも残り10日を切った。

中学生二人とも夏休みでさ、毎日休みでいいよなぁ。
お盆は母もやっと休みだ。

母になると、休みって無いですよねー。パートの仕事がある日もない日も
洗濯や掃除はせねばならないし、家族が休みだとかえって忙しいかも。

まず、食事が大変になる。2食を作る毎日がお昼ごはんがプラスされるから
1日台所に立つ時間が多くなる。

旦那も趣味でロードレースをやってるから洗濯ものも倍増。
あはーん・・・・・。

でも今年のお盆はなぜか、気分ゆったり。
それは、自分の実家に行ったりお墓参りに行っていないせいかなぁ。

なぜ行って無いのかというと旦那の実父が転倒骨折で手術、入院中だから。
車運転ができない義母の病院の送り迎えの用事があるからです。

空いた時間で、気になっていた部屋の片づけやゴミ捨てもできたしとても充実した
お盆休みになっている私。

子供たちといえば、中学生になると案外いそがしい。部活と宿題とぼーっとしているだけで
1日が終わる。私もそんなんだったんだなあ。それってある意味、幸せなことだよね。

中学1年の息子の方は言わないとやらないので毎日どやしながら
宿題やチャレンジに取り組ませてる、つもり。中学3年の姉の方は結構自主的に
やっているので、女と男はこんなに違うもんかと日々、思っています。

JUGEMテーマ:中学生の子育て
 
 カテゴリ

夏休み真っ最中♪2009

中学3年の姉の方は、一応受験生なわけです。

勝負の夏休みって、学校からはっぱをかけられ夏休みに突入しています。
自分の娘とは思えないほど、割と時間管理をうまくやって自分で組み立てて
勉強しているように見えます。

もしかしたら、見えてるだけかもしれんけど。

そんな彼女の心の癒しがジャニーズの嵐の面々。
ペットを飼っているわけでもないので、嵐で心が癒されるのであれば
いいのではないかしらんと思っている母ではありますが

さすがにコンサートは、なんだかどっぷりつかって放心状態になりそうなので
やめといて、それならジャニーズショップに行ってみようと7月26日に行って来ました。

丁度、26時間テレビをやっていた日。

中学1年の息子の方はお台場へ去年SONYの科学館?のところで電池作りに参加した
こともあって、また、行きたいというのでお台場も行きました。

ジャニーズショップデビューはうまく行ったのでは?
10時到着し、整理券で10時半入店だったのでとてもタイミングよく
入れた方なのではないかしらん。

ポスターが無かったと少し残念そうだったけど、生写真を結構な枚数ゲットし
満足の様子。母には、わからん、あんなに買うなんて・・・・・。父にも言われてたねぇ。
ま、良いでしょう。それが目的だったんだから。

次にお台場。ゆりかもめに乗ってた時、三輪車会場を眺めることができた。
家に帰ってきて録画をみると嵐の5人が三輪車会場へ応援に来ていたんだ!

ちょっと悔しがる人約1名。

父といえば、家でちゃりんこの練習。午前と午後に走ったんじゃないだろうか。



JUGEMテーマ:
JUGEMテーマ:中学生の子育て
 
 カテゴリ
無料ブログ作成サービス JUGEM
Copyright © 2009の夏休み | 中学生我が娘ながら「ばびぶべぼ」から息子の「はらひれほれ」 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

アメリカドラマ