女の子の性格 | 中学生我が娘ながら「ばびぶべぼ」から息子の「はらひれほれ」

記事一覧

スポンサーサイト

  •  投稿日:2015.05.19
  •  カテゴリ:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

 カテゴリ
-

女子友達の悩み

大人になっても、人間関係っていろいろ大変だけど近頃の子供たちもほんとに大変だ。

幼稚園の時期は幼稚園なりの
小学校の時期は小学校なりの
中学校の時期は中学校なりの
高校の時期は高校なりの

友達の悩みが出てくるわけだ。当たり前なんだけど、持っている性格も何かと関わってくる。

ストレス発散は口から言葉を発することである私の性格の遺伝子を受けついでいるらしい高3の娘は友達に対してのストレスを時々私にぶちまけてくる。はっきり言うタイプなので友達にも割にはっきり言っているらしいのできっと怖がられているに違いないんだけど、それでも友達に直接言えない時には矛先が私に来る。

とにかく、黙って聞いてそれに対して私も意見をしたり同調したりするけど、なんでこんなことに反応するんだろうって思う部分に過剰に反応しているので、時々こっちも疲れる。

しかし、成長過程。

いつの日かこんなことにもおおらかに対応できるようになっていくんだろうと母はぐっとこらえて弾丸のように飛び出てくる話を聞いてあげるのだった。

聞いていると妙に楽しかったりする。

自分のことを棚に上げて友達の愚痴を言っているけど、自分もそうなんじゃん?
そんなに友達のことをけなしてるけど、自分もだよーん、けけけ。

・・・なんて、思いながら聞くときもある。

頑張れ、娘。







JUGEMテーマ:高校生


 カテゴリ

アイプチを使う子は多い?


ひとえの子は二重に憧れます。
私もそうであった・・・。でも、無理にどうこうしようとは考えなかったし行動もしなかったなぁ。

姪っ子が高校生の時からおしゃれに目覚め、アイプチを毎日使っていたということは本人にも聞いたけど、へー時代が変わると、いろんなものがあるんだなぁなんて人ごとに思っていた。

しかし、自分の娘がひとえで高校生になったとたんアイプチを使い始めたからびっくり。ありゃ、ここにいた!って感じ。

アイプチをつかわずとも、結婚したら二重になった私。その姪っ子の話によれば歳をとったからにすぎないと言われたけれど、私の場合はともかく、アイプチは使う気分にならなかった。




アイプチって毎日まぶたにつけても大丈夫なんだろうか。家の子はほとんど毎日アイプチ。↑のプレミアムパーフェクトアイを使ってみてもらおうかな。まぶたは皮膚が薄いっていうし。

娘も使えるし買ってみよっかな。



JUGEMテーマ:パッチリふたえまぶたになりたい! 二重まぶた用商品の紹介
 
 カテゴリ

漫画単行本の大人買い

高1になる娘が単行本の大人買いだっ

と誕生日が近いひとには倍のポイントをつけてくれるってことで
自分の誕生日月が近くなるのを待ち、昨日わんさか買ってきた。

「君に届け」

映画化されると聞いたとき、あの役にはあの人は合わない、やめてくれーとか
私はあの人が良かったのにぃ

などと騒いでおった。

私は話がちんぷんかんぷんだったので何も言えなかったけど
今では家にどっさり、「君に届け」があるので読んでみた。

もー1巻めからうるうるきた。’(ちなみに私は感激屋なのですぐ感動して泣きます。)
2巻めは完璧泣いた。

感動したって涙じゃないんだ。でも涙が出る。
気持ちが洗われる。涙を流す事はたまーに必要なのである。

しばらく、ひたって読もう・・・。

娘はこちらでは放送されないアニメをパソコンで観てはまってる。
アニメを忠実に描いてるっっって感激しながら観てる。

映画の方はキャストがいまいちだったのかな・・・あんまり良い事かかれて無いみたいだね。




JUGEMテーマ:家族のこと
 
 カテゴリ
無料ブログ作成サービス JUGEM
Copyright © 女の子の性格 | 中学生我が娘ながら「ばびぶべぼ」から息子の「はらひれほれ」 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

アメリカドラマ