旦那の実家の話 | 中学生我が娘ながら「ばびぶべぼ」から息子の「はらひれほれ」

記事一覧

スポンサーサイト

  •  投稿日:2015.05.19
  •  カテゴリ:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

 カテゴリ
-

めんどくさい旦那の実家の話

JUGEMテーマ:義のつく関係

私の毎日が去年10月から少しあわただしくなってしまった。

車で3分くらいのところに旦那の実家がある。3兄弟の真ん中の義兄が同居してたんだけど
85歳をこえてる両親を置いて、夫婦二人で出て行った。子供たちはしっかり私立の大学を出て、二人とも独立している。

細かいことのちり積できっとこれ以上堪えられないと出て行ったというよりも、この時を待っていたかのように出て行った。それも持家だったのに中古物件を購入して。

東京の私立大学へ出してやった上に中古の家を買えるなんてどんだけ貯め込んでいたんだろう。
別に出るのは構わないけど弟である旦那に相談一切なしで出て行ったからあり得ない。年寄り置いて行くなんて信じられない!

そんな中、義父が体調を崩し入院。

自分のできる事といえばパートの合間に義母を病院への送迎。買い物つき合いくらいなもん。
年末はパートの仕事が忙しくなる時期なので、正直しんどかった。

毎日病院へ送迎することがとても大変だった。義母は足腰が弱っているので歩いては無理。忙しくてもタクシーで行って来てとも言えず、自分が動くしかなかった。

そんな中でも、出て行った義姉は当たり前のように実家に顔を出すし病院へお見舞いにも来ていた。
嫌で出て行ったのになぜいまさら普通に顔を出せるのか。

義父母が何も言わないからだと思う。

ほんとうは言いたい事がたくさんあるはずなのに言ってもムダだとばかりに、何も言わず普通に徹している。

旦那も長男である義兄も「大した財産でもないけど狙っているんだろ」とか
「変な人たちなんだからほおっておけ」なんて言ってる。ほおっておけって言っても、あんまり普通に実家に顔出されると良い気分じゃない。

出て行った義姉とはもう話もしてないし、する気も私はないけど。

とまあ、ふってわいた話が私の生活の中に入り込んで来た昨年。これからどんな風に生活が変わっていくんだろう。いまは同居していないけど、どうなることやら・・・あわわわわ。

基本同居はしたくないのでその姿勢で私は行くつもり。どんな事言っても同居は大変だもん。

私は犠牲になりたくない。








 
 カテゴリ
無料ブログ作成サービス JUGEM
Copyright © 旦那の実家の話 | 中学生我が娘ながら「ばびぶべぼ」から息子の「はらひれほれ」 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

アメリカドラマ