福島工業専門学校 | 中学生我が娘ながら「ばびぶべぼ」から息子の「はらひれほれ」

記事一覧

スポンサーサイト

  •  投稿日:2015.05.19
  •  カテゴリ:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

 カテゴリ
-

福島高専 不合格

福島高専は、今年の倍率はどの学科も約3倍。間違って受かったらきっと大変だろうなと、間違いは起きず。勉強しなかったんだから仕方ありませんね、次県立高校2期頑張ってください、息子。

平成24年の高校受験生はどこの地域もなんとなく落ち着かない感じではないだろうか。

浜通り、双相地区でいえばほとんどの高校が定数割れしている。上の子が通っている高校は昨年震災のあった年にも定数割れだった記憶があるけど、震災直後の合格発表時期だったので全員が受けた高校に合格している。でも原発事故や震災の被災のために双相地区に居住できなく別の地域に避難している家庭もあるので今はどの高校も半数近くの生徒の人数です。

こうやってある種特別な環境での高校受験、ましてや定数割れの状態、高校受験に対しての緊張感があまりなさそうに受験をするこの地域の子供たち。

かわいそうって言葉じゃない何かを感じます。


JUGEMテーマ:高校受験


 カテゴリ

2月19日は高専の受験日

JUGEMテーマ:高校受験


地元の県立高校にも二期試験の申込みをしているけれど、今日2月19日いわきで高専の試験を受けている息子。
自分のチカラを出し切って帰ってきてほしいもんですが、さっき、つきそいの旦那から電話があったけど朝から緊張している様子であったということでした。

双相方面からいわきまで今は高速道路が使えないので車で3時間近くはかかってしまうため前泊しました。んー普通でも前泊したのかなぁ。1時間半ちょっとで行ける場所だけど、朝早く出るのもねー・・・ま、考えても仕方がないか。

家から出してしまうのはさみしいけど、本人には工業系が向いているように見えるし本人が行きたいと思って受けているので、できれば合格してほしい。

まー落ちて、こっちの普通高校に入ってやっぱしあの時もっと頑張っておけばよかったって思ってもそれはまたそれ。

うちの娘には高校受験のときに理数が強いし、その方面が好きそうだったから高専を進めたんだけど聞く耳持たず
「は?なんでそんな遠い学校に行かなくちゃいけないの?私は家から近い高校に入って高校生活を謳歌するのよううううううう!」

ま、謳歌といっても去年は震災があったからね、なんだか不満みたいだけどね。近頃は3月から3年になるのでセンター試験を意識し勉強してます。

弟が高専を受けると決めたときに

娘「私も受ければよかったー」
私「は?聞く耳持ってなかったじゃん」
娘「そんなこと言わないでもっと強く押してくれれば、センター受けなくても良かったのにぃ」

もう、勝手にしてください。

高専の倍率は高いです。息子の受ける学科は2.9くらいだったかな?半分は落ちるんだけど、思えば自分も高校受験のときは3.6倍でした。子供が多かったからね。

これから就職のときにだってこんな倍率ふつうさ。頑張れ息子!

 カテゴリ
無料ブログ作成サービス JUGEM
Copyright © 福島工業専門学校 | 中学生我が娘ながら「ばびぶべぼ」から息子の「はらひれほれ」 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

アメリカドラマ