中学3年の受験生が勉強しません | 中学生我が娘ながら「ばびぶべぼ」から息子の「はらひれほれ」

記事一覧

スポンサーサイト

  •  投稿日:2015.05.19
  •  カテゴリ:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

 カテゴリ
-

中学3年の受験生が勉強しません

女子と男子でどうしてこうも、違うものかと日々思います。

上の今高2の姉の方は自分で目標をたて、時にはだらける時もあるけど、目に見えて頑張っている様子がわかるし、結果としても出てくるのでとてもわかりやすい子供です。10の力を10レベルに近い位発揮できるように頑張っているのが、わかる。

しかーし、下の中3の男子は・・・

何も考えていない(ように見える)
コツコツ勉強してない(ように見える)
真剣さに欠ける(ように見える)
10の力を5レベル位に自分でおさえて、合格ギリギリのラインにたたずんでいる(ように見える)

上のラインで合格でもギリギリのラインで合格でも、合格は合格。そりゃたしかにそうだけどね。
一生懸命努力するとか頑張るとか、必死になるとか、下の子にはそういう思考回路がないようです。親としては、合格のために一生懸命頑張る姿を見たいわけです。

これは親のエゴか?

関係無い話だけど、下の子が幼稚園に入園したときの担任の若い先生は日々疲れないように自分の力の「7割発揮」で生きているんじゃないかと思わせるような雰囲気を持つ人でした。9割位のパワーで子育てをしている私にとって、新鮮な人でした。あんな風に疲れすぎない毎日を過ごせたらいいのになって、思っていました。

でももしかしたら、その人は周りからは7割位に見えるだけであって本人にとっては10割のパワーを発揮していたのかもしれない。そう見えない人だったのかもしれないな。

そんな先生に担任をしてもらった下の子も、本人は頑張っていると言うけどハタから見てがむしゃらに頑張っているようには、まーったく見えない。

旦那は自分の人生自分で何とかできないとこれから生きていけねーべと言ってます。こっちとしてはドキドキしながらの、毎日です。


JUGEMテーマ:中学生の子育て
 
 カテゴリ

スポンサーサイト

  •  投稿日:2015.05.19
  •  カテゴリ:-
 カテゴリ
-

コメント

コメントを書く

 

トラックバック

トラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM
Copyright © 中学3年の受験生が勉強しません | 中学生我が娘ながら「ばびぶべぼ」から息子の「はらひれほれ」 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

アメリカドラマ