平成24年の福島県立高校の合格発表 | 中学生我が娘ながら「ばびぶべぼ」から息子の「はらひれほれ」

記事一覧

スポンサーサイト

  •  投稿日:2015.05.19
  •  カテゴリ:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

 カテゴリ
-

平成24年の福島県立高校の合格発表

福島県立高校の合格発表があった。無事に合格。受験した生徒は多分全員合格したんじゃないだろうか。

とりあえず、良かった良かった。

息子が受験した原町高校の合格発表の様子は昨夜のテレビ番組で放送されていた。・・・そういえば取材に来てたもんね。原町高校は今年定員割れ。というか双相地区の県立高校はほぼ定員割れしているのでよほどのことがない限り大丈夫ではという流れもあった。でも、やっぱり合格発表日を迎えるまでは安心はできなかった。うちの息子の場合特に。

受験勉強をろくにしない息子にしてしまったのは親のせいなのか、とても反省しています。息子の場合性格がのんびり、どうにかなるだろう、このくらいやっておけばいいかくらいにしか思っていない、真実はわからないけれど頑張っている様子が見受けられないまま受験生の時期を過ごしてしまった。

こんな風に思っている子はいるのかいないのか、ちょっと想像できないけど自分自身と比べておそろしく違っているので、気持ちのやりように困った1年だった。私は志望校への基準点まで100点は少なかったので、エンジンがかかるのも遅かったけど、自分なりに頑張って勉強した感があった。

こうして書いていて思うけど・・・

母の自分がこうしたから息子もこうでなくてはならないという法則はないわけだからこれは息子の選んだ受験法だし時間の使い方だったしこれはこれで、やりたいようにやらせたのだから仕方無いのだと思うことにしよう。

高専の受験だって私はほんとは無理だからやめさせたかったけど、本人が受けてみたいという希望があったから受験続行したんだよね。可能性は誰にでもあるんだもん、やりたいことができる状況なら受けてみればって。ただ、高専を受けるというのに勉強をしないでいるその態度はいただけない。こういう場合はやめさせるべきなのかどうかもすごく悩んだなぁ。ただ、あとから「親に言われたから受けたかったのに受けられなかった」というのは嫌だったので、そのまま受験そして、不合格。あ〜ぁ・・・

この受験期の過ごし方が息子の人生にこれからどんなふうに関わっていくのかわからないけど、息子の自分の子供の受験のときに悩むだろうなぁ。ま、まだ遠い話だけどね。

いづれにしても、原町高校に入ったらマメに勉強しないと進学が大変だよと同じ高校に行っている姉にもダメだしされ、合格を喜んだのはほんの一瞬、ぎっちり父、母、姉にこれからのことを語られた息子でした。

JUGEMテーマ:高校受験


 カテゴリ

スポンサーサイト

  •  投稿日:2015.05.19
  •  カテゴリ:-
 カテゴリ
-

コメント

コメントを書く

 

トラックバック

トラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM
Copyright © 平成24年の福島県立高校の合格発表 | 中学生我が娘ながら「ばびぶべぼ」から息子の「はらひれほれ」 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

アメリカドラマ