高校1年は部活動強制参加 | 中学生我が娘ながら「ばびぶべぼ」から息子の「はらひれほれ」

記事一覧

スポンサーサイト

  •  投稿日:2015.05.19
  •  カテゴリ:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

 カテゴリ
-

高校1年は部活動強制参加

同じ高校に通う今高校3年の姉は、中学校でバスケをやったから高校では帰宅部にするとなぜか妙にこだわり時間を自由に使っている。割とまじめな方なのでごくたまに、夕方遅いくらいでめちゃくちゃな生活にはなっていないので自己管理はできている方なのではないかと思う。

しかし、親としては「アー疲れた」とか言いながらも夢中になるものを見つけ日々忙しくしてほしいと思っていたので、こんなゆったりした高校生になるなんてまさか思っていなかった。

文武両道でどちらも素晴らしくできる子は世の中にはいる。

そういうできる人はすごいなーってずっとはた目でみていたけど自分にはちょっとできなかった。運動部にはいって硬式テニスにはまったけど、授業についていくのがやっとだった。数学なんて赤点とったしなぁ。子供に話をすると、子供ふたりとも数学が好きなので「げーださっ」と一笑された。

高校に入ったばかりの弟の方はまだわからないけど、上の子は自分よりも勉強している。だから赤点なんてとらないし、選抜クラス(大学受験対策クラス)に入るために定期テストでも結構点数を取る。

これは、勉強しなかった親から生まれた子にしてはかなり上出来なのである。ありがたいありがたい。

さて、弟の方はというと・・・・

 中学でバスケを程よくやってきたので高校では姉と同じ帰宅部でと思っていたようだが、世の中そんなに甘くない。高校側で1年生は部活動強制参加を決められた。楽にぬるっとできる文化部を考えていたようだが、入ろうとしていたその文化部が人気がなく来年以降続きそうもなかったらしく、結局バトミントン部に入部した。

姉は曰く、「赤点とんなよ〜」と運動と勉強の両立は大変なんだから!と話をしていた。それはそうなんだけどねー・・・今やるべきこと、できることってあるわけよ。

親としてはこの時期には体を作るべきと思っている。汗かいてしっかり食べて、勉強して、遊んでといろいろ欲張って生活してもらいたいと、ほんと思うのであった。

ただ、バスケのときみたいに、あんまりメガネを壊さないでね。お願い♪


JUGEMテーマ:高校生


 カテゴリ

スポンサーサイト

  •  投稿日:2015.05.19
  •  カテゴリ:-
 カテゴリ
-

コメント

コメントを書く

 

トラックバック

トラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM
Copyright © 高校1年は部活動強制参加 | 中学生我が娘ながら「ばびぶべぼ」から息子の「はらひれほれ」 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

アメリカドラマ